個性全開のテイカップスタッフ達が日替わり更新します。更新を忘れた者は編集室全員へラーメンおごりの刑に処す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らぬが仏。知らなきゃソン。

 どうも。25日発行の次号でアタマにモザイクかかっちゃってるイヌハタです。乞うご期待。

 自宅で揚げ物なんて、年に数えるくらいしかしません。揚げ物食いたきゃ店に行きな!が家訓のイヌハタ家です。ま、後処理が面倒だって理由しか無いですが。

 そんな私が先日、実家から貰った大量のじゃがいもの行き先に困って、コロッケを作りましたよ。そんで「私揚げ係ね、そんでキミは衣つけ係ね」ってなもんで、小麦粉と卵とパン粉を買ってこさせたあげく相方に衣つけ係を任命したところ、3種の神器ならぬ3種のバット(皿)を目の前に相方が放った一言
 「これどういう順番でつけるの」 だって。

 「えっ?」
 二度聞きしましたよ。一度目は「は?それマジで聞いてる?」という気持ちを込めて、そして二度目は「そうか、そういうことってあるんだ・・・」という反省の念を込めて。

 だって、揚げ物の日は必ず衣つけを手伝わされた幼少期を過ごした私には、小麦粉→卵→パン粉ていうのは月曜の次は火曜っていうくらい言わずもがな当然の事だったわけで、それを知らない人がいた(しかも身内!)という驚愕の事実は私の価値観をぶっ壊すに充分な威力があったのです。

 育ってきた環境が違えばこういうこともある。っていう事への納得と、家で作らないっていうのはこういう弊害がある。という危機感。自分が食べている物が何で出来ているのか、知る機会って必要だなと。
 「どういう順番」発言で、様々な思いを巡らせてしまった一日でした。

 そうは言いつつイヌハタ家の揚げ物の機会が増えることはありません。
 


トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。