個性全開のテイカップスタッフ達が日替わり更新します。更新を忘れた者は編集室全員へラーメンおごりの刑に処す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャイアン再び
どうも、カズロウです。
先日何気なく新聞を読んでいて目が点になってしまう記事が小さく載っていた。
記事によると公共事業で米国製品の使用を義務付ける「バイ・アメリカン(米製品購入)」が盛り込まれた法案が可決したそうです。
海外製品で優れたものがあったとしても、自分の国で作ったものを使いましょうってこと。おい。嘘でしょ。
これって世界貿易機関(WTO)の協定違反だぞなもし。
今までグローバルスタンダードだなんだって散々世界中の国をこづきまわしてといて、
自分の国の景気が悪くなった途端に手の平返したようにこんな法案通すってホント自己中な国だ。
自己中心的な法案を作る自己中心的な政治家を選んだ自己中心的な国民がいる国だ。
第二次世界大戦もこんな調子でブロック経済(自国の経済圏を守る動き)から始まったのを覚えてないのか?景気が悪くなると戦争したがるお国柄だからとても不安だ。
考えすぎかもしれないが、戦争については考えすぎても考え足りないくらいだ。この法案は警戒に値すると判断できる。
「第二次世界大戦で原子爆弾が兵器として利用されたが、第三次世界大戦ではどんな兵器が使われると思いますか?」というインタビュアーからの質問にアインシュタインが「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次大戦ならわかります。石と棍棒でしょう。」と答えたって有名な話がある。
次に大きな戦争が起きたときは全てが無くなる時だってことを僕らは認識しておかなくちゃいけない。
No more War No more Pain No more American
第二次世界大戦の時より僕ら地球人の人間性が成長していることを祈って。
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。