個性全開のテイカップスタッフ達が日替わり更新します。更新を忘れた者は編集室全員へラーメンおごりの刑に処す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちが咲く交差点
花の交差点十文字町のとある交差点にきれいなお花が咲いている。
私がランドセルを背負っていたはるか昔から花壇はあったのだけれど、その頃はボーリング場の看板?を再利用した「ゆっくりいこう」とかなんとか書かれた巨大な亀が花壇いっぱいに横たわっていたりしていた。巨大な造形物がしごく苦手な私は、幼少期、その交差点が(というより亀が)すごく苦手だった。視界に入るとゾワ~っと鳥肌が立ち、会話もそぞろに足早に通り過ぎる。私にとってかなり危険な交差点だった。大人になった今でも大仏なんかの巨大な造形物がすごく苦手。

花・花・花そんな思い出深い交差点の花壇が最近よく手入れされていて美しい。
晴れた日も雨の日も、いつも焦っている信号待ちの時間をおだやかにしてくれる。誰のものでもない花壇に、町の誰かが手間をかけてきれいな花を咲かせてくれている。花の美しさとともに、そんな健全さに安心し、敬服して心が動かされるのだと思う。
こういう力が町を活き活き見せるんだとつくづく思う。見習わなくてはなりません。
ボランティアの皆様、ありがとうございます。


トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。