個性全開のテイカップスタッフ達が日替わり更新します。更新を忘れた者は編集室全員へラーメンおごりの刑に処す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の頭の中のメモ帳
 秋田の自慢できるところって何だろうと、ふと考えるイヌハタです。
 かまくら?なまはげ?お米?日本酒?海の幸に山の幸?
 挙げればどんどん出てきますが、もと県外在住・いま秋田県民の私が思う「秋田の自慢」って、「雪景色」と「秋田弁」だと思います。

 除雪で自治体の財政を圧迫し春にはウソのように消えてなくなる雪は、秋田生まれじゃない私だって諸手を挙げてウェルカム!な存在ではありません。逆に、秋田に来て何年目かに襲われた「降っては降ってはずんずん積もる」的攻撃のせいで秋田の冬が憂鬱で仕方なくなったくらいです。

 でも、ものすごい吹雪のときや、下の写真のように真っ白い景色&真っ青な空のコントラストに出会ったとき、決まって東京にいた頃の友人のことを思い出すんです。彼らに見せてあげたいな、と。
 そしてその思いの中に、彼らはこんな景色見たことないんだろうな、っていうちょっとの優越感のようなものが混じります。青森の地吹雪ツアーなんてものがウケるくらいだから、この冬を経験したことが無い人にとっては、美しい銀世界も、厳しい猛吹雪さえも(苦労を知らないからこそ、といえばそれまでだけれども)一部の人しか体験できない好ましく貴重なもの、っていう考え方もあるわけです。

 冬は憂鬱でしょうがないんだけど、でも、一歩県外に出ればそれが「自慢」になる事もある、か。なるほど。そんな考えに行き着き、妙に納得したり。
 時々そんなことを思って、頭の中の「秋田の自慢リスト」の行を増やす冬の日々です。
 吹雪に頬を叩かれながらそんなことを思ってニヤついてる自分は嫌いではありません。

20090113.jpg

 

 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。