個性全開のテイカップスタッフ達が日替わり更新します。更新を忘れた者は編集室全員へラーメンおごりの刑に処す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白鳥飛翔

今年は暖冬だと思って喜んでいたら、週末にかけて大雪だそうで…
まぁ、風邪ひいてるので、どこにも行けませんが、休みに天気が悪いとヘコみます…
スポンサーサイト
幸せの定義
幸せの定義は個人差があって当然だ。
例えば自宅に帰ると愛犬が出迎えてくれたり、
DSCN0746.jpg
感動的な景色と出会えたり、
DSCN0758.jpg
素敵な音楽に聴き入ったり、
そんな時、心の中奥底にあるぼんやりとした何かが揺れるのを感じる。
カズロウはそれを幸せと呼ぶことにしています。
てんとう虫がいっぱい
20090128.jpg

そう言った兄に私は、無理やりてんとう虫捕獲を手伝わせました。
さすがに1部屋に10匹いると気持ち悪いんですよ・・・1匹ならまだしも!

ちなみに兄が何故そんな歳よりくさい台詞を言ったのかは不明。
私は一番そこが言いたかったんです実は。(てんとう虫よりもね)
×給付→○還付or助成?
 最近のお気に入りは湯たんぽと腹巻き。装備しすぎて毎晩汗だくになってるイヌハタです。
 ああ、人はこうして若年→壮年になっていくのだなぁ・・・。

 本誌のeditor's roomでもちょいと話題にのぼりましたが、定額給付金の支給がわりと目の前に来てます。誰かがどこで言ってたか書いてたかもうろ覚えですが、「定額『給付』金とはなにごとだ」という指摘に激しく同意した、自分の事は棚上げして言葉の使い方に細かいワタクシ、編集長イヌハタでございます。
 額に汗して得たお金から納めた税金は誰のものだと思っているのか、『給付』などと「下々の民に与えてしんぜよう」的な言い方でばらまかれたってありがたくもなんともありません。言葉の使い方ひとつで人の心情・行動は全く変わるものです。政治家なら身にしみてわかってるでしょ。

 とはいえ景気回復の刺激のための給付金ならば、私はその意向に沿って、最も節約のターゲットとされている「外食」産業の活性化のために使います。だからほんとお願い、景気回復させてちょうだい。

 団塊ジュニアイヌハタ、最近のはかない妄想。
 「ほんの1年でもバブルの恩恵にあずかってみたかった…。」

先日、ブレアーズのデスソースという一部で有名らしい?激辛ソースの4本セットを頂きました。
オマケの髑髏のキーチェーンと4色のパッケージで、いかにも辛そう…


サドンデスソース…赤ハバネロに隠し味の朝鮮人参を加えたソース。この中では一番辛い。

アフターデスソース…辛味の少ないオレンジハバネロを混ぜているが辛さはタバスコの数十倍。

オリジナルデスソース…隠し味がライム果汁のフルーティーなテイストで人気の高いソース。

ハラペーニョデスソース…マイルドな辛さで食べやすい。テキーラが隠し味。


フタを覆っているビニールが硬くて、思い切りひっぱたら、フタごと中身が飛散。
付着したまぶたの上が痛かった…

とりあえず、試しにハラペーニョ入りのマイルドなソースを食べてみることにしました。
味を壊すほどマズイんだろうなぁ…と思いながら、使ってみたところ、以外に美味しい。
辛いのが好きな人なら結構やみつきになる味かも。

完熟した唐辛子を数年熟成させているので、普通のタバスコよりも味わいが深くて
断然美味しいです。まぁ、あくまでも一番マイルドなやつを試した感想ですけど…
とりあえず、オリジナルデスソースまでは普通に食べられる味らしい。

サドンデスソースまでいくと、1滴くらいが限界だと聞いたけど…どうなんだろう?
また食べたら報告致します。

初めて四コマたるものを書きましたが…

4koma.jpg


これがけっこう面倒。一話完結ということで。
体育館ゲット!
初対面の人とでも話題がサッカーであれば夜明け前のブレスまで話し込む自信があります。
週一のフットサル練習で慢性化した右足首痛が全く治る気配のないカズロウです。
一月に入ってから我がチームはついに体育館を使ってフットサルができるようになりました。
これもひとえに僕が頑張ったからです。(冗談)
チームのメンバーも以前は適当なシューズで練習してましたが、
最近フットサルシューズ購入率が高い。これやる気の具現化。
今年の抱負は他のチームと試合がしてみたいと思ってます。
結構他愛もない話なんですが
おもしろいかどうかは別として。
一つのことに集中するともう一つはないがしろになってしまうかもしれない話。

20090122.jpg
捨てる神あれば拾う神あり
 どうも。「シャア専用ザク」の「シャア」と「ザク」のうち、どっちが人の名前かをつい最近知ったイヌハタです。


 せまいんですよ、部屋が。
 いや、たぶん2人で住むには充分だと思われる2DK。こないだ引っ越してきたお隣さんなんか同じ間取りにカワイイ3姉妹を連れた5人家族ですから、2人で生活してるくせにせまいなんてのは贅沢かもしれません。

 求めるものは贅沢だが、広い部屋に引っ越すなんて金銭的な贅沢は出来ない。そこで私の考えた秘策。 「モノを処分しよう!」 「しかもゴミを出さずに。」←このへんが恩着せがましい(誰に)

 ということで、いらないものをネットオークションに出してみました。
 意外に売れるもんです。合計3諭吉♪

 そして絶対売れそうにない&絶対使わない綿毛布(法事の引出物)や来客用布団は、正月に実家に帰省したときに「これ、お客さんが来たときに使えばいいよ」と得意の「恩着せ」で母に預けました。
 私の快適は実家の押入れを犠牲にして成り立っている。

 3諭吉に味をシメて以来、いかに収納をコンパクトにするかに燃えています。
 そのうち「100円ショップにあるもので万事解決♪収納名人イヌハタ」としてテレビに出るかもしれません。乞うご期待。

 
私をスキーに連れてかないで。
01.jpg

お正月前から懇願されていたスキー場行き、延ばし延ばしで忘れてくれないかな~と思っても
子供の記憶力の前には太刀打ちできません。
「この前こう言った!」の応酬であえなく諦めスキー場へ出かけました。

横着な母はせっかく行くんだからプロに教えてもらって上手になれよ、と始めはスキー場の個人レッスンを恩着せがましく薦めてみました。(それならロッジで本でも読めるし)
しかし・・・
「ママ、スキーをうまくなるために行くんじゃないの。楽しみに行くんだよ。」

という示唆に富んだひと言と熱いまなざしに圧倒され、はじめはイヤイヤ一緒に滑ってましたが、
その日は着いてから帰るまで一度も雪が降らず、爽快な青空。
ワンシーズンに一度か二度ってくらいのいい天気に徐々にテンション↑↑
あ~ウインタースポーツってこんなんでした、って再認識し、さわやかな充足感を味わった私リスザワ。
「この天気ならもう1回来て見てもいいかも。」と後ろ髪を引かれる思いで帰路に着きました。

もうすぐアラサーから卒業させられそうですが、筋肉痛もなく4日目が過ぎようとしている(どーでもいい)快挙をお伝えして、終わりの言葉とさせていただきます。






仕事で100枚くらいの家の写真の編集をしたんですよ。

電線を消したり、マンホールを消したり、車を消したり、時には隣家を消したり・・・

主には電線を消す作業が多かったのですが、この作業をやりすぎたら、

現実でも電線を消せそうな気がしてきました。

下の人にオチとしてネタ扱いされているかわいそうなラッコです。
ねこ田です。こんにちわ。
2年に1度、定期的に訪れるアレがついに今年もやってまいりました!

スラムダンクブームです!(個人的に)

ということで今回は
「テイカップ変集室的性格&イメージ論byスラダン主要人物」
をお送り致します

編集長:赤木キャプテン(鉄板)
リス沢社長:彩子マネージャー
たぬ美:清田信長
カズロウさん:三井寿
ラッコ山さん:小暮先輩のTシャツ



番外編その1
「テイカップ変集室的性格&イメージ論byあしたのジョー主要人物」

編集長:力石徹もしくはホセ・メンドーサ
リス沢社長:白木葉子(鉄板)
たぬ美:サチ
カズロウさん:カーロス・リベラ(鉄板)
ラッコ山さん:マンモス西


番外編その2
「テイカップ変集室的性格&イメージ論by1stガンダム主要人物」

編集長:シャア・アズナブルかドズルかレビル
リス沢社長:セイラ・マス
たぬ美:フラウ・ボウ
カズロウさん:スレッガー・ロウ
ラッコ山さん:アムロ(初期)
衝動的になにかをしたくなるときってありますか?
僕はよくあります。というか毎日あります。
今もちょっと文章を書きたいなと思ったのでブログ書いてます。
行動の90%は思いつきで構成されているタイプです。
先日、泳ぎたい衝動を抑えることができず(大概は抑えることができないだが)、
温水プールに行ってきました。
以前同じ衝動に駆られたときスイミングキャップやら水中眼鏡やら一式揃えていたので、
タンスから引っ張り出し無造作にバックに詰め込み出発。
半年振り位に泳いだのだけれど、泳ぐってとても気持ちいい。
特に平泳ぎの腕で水をかく感覚が好きだ。
現実世界では前に進むことってとても骨が折れるけど、
水の中ではなんだか自然な決まりごとのように感じる。
水の抵抗を感じながらその中を前に進む。
1時間ほど泳いで水から上がると心地よい疲労感。
プールサイドの椅子に寝転び天井を眺めながら思った。
「明日筋肉痛だな。」
翌日は肩が上がらなかった。
翌々日も肩が上がらなかった。
「休日は体を休める日ではなく、クタクタになるまで遊ぶ日だ」
と誰かが言った。
賛成に一票。
秋田犬大好き
どうも、秋田犬が大好きすぎはぁはぁしているたぬみです。
ネットにあがっている秋田犬の画像をみて一人悶えておりました。

誰かテイカップに秋田犬の画像を投稿してください。切実です。
誰が喜ぶか。私です。
画像はうちのじいさん犬のコロンです。
ぼろぼろですが、なんと愛嬌のある顔をしているではないですか。

かわいい秋田犬が散歩していると運転中でもがんみしてしまう(危ない)
20090117.jpg

私の頭の中のメモ帳
 秋田の自慢できるところって何だろうと、ふと考えるイヌハタです。
 かまくら?なまはげ?お米?日本酒?海の幸に山の幸?
 挙げればどんどん出てきますが、もと県外在住・いま秋田県民の私が思う「秋田の自慢」って、「雪景色」と「秋田弁」だと思います。

 除雪で自治体の財政を圧迫し春にはウソのように消えてなくなる雪は、秋田生まれじゃない私だって諸手を挙げてウェルカム!な存在ではありません。逆に、秋田に来て何年目かに襲われた「降っては降ってはずんずん積もる」的攻撃のせいで秋田の冬が憂鬱で仕方なくなったくらいです。

 でも、ものすごい吹雪のときや、下の写真のように真っ白い景色&真っ青な空のコントラストに出会ったとき、決まって東京にいた頃の友人のことを思い出すんです。彼らに見せてあげたいな、と。
 そしてその思いの中に、彼らはこんな景色見たことないんだろうな、っていうちょっとの優越感のようなものが混じります。青森の地吹雪ツアーなんてものがウケるくらいだから、この冬を経験したことが無い人にとっては、美しい銀世界も、厳しい猛吹雪さえも(苦労を知らないからこそ、といえばそれまでだけれども)一部の人しか体験できない好ましく貴重なもの、っていう考え方もあるわけです。

 冬は憂鬱でしょうがないんだけど、でも、一歩県外に出ればそれが「自慢」になる事もある、か。なるほど。そんな考えに行き着き、妙に納得したり。
 時々そんなことを思って、頭の中の「秋田の自慢リスト」の行を増やす冬の日々です。
 吹雪に頬を叩かれながらそんなことを思ってニヤついてる自分は嫌いではありません。

20090113.jpg

 

 
無責任な言いっぱなしへの怒り
正月休みでたるんだ筋肉と精神に渇を入れるべく、
にわか筋トレを再開し、日々微妙に筋肉痛を伴っております。
今日は怒れるリスザワです。

年末から年始にかけて重たい空気が停滞しています。
テレビでは各局各番組のアナウンサーが「ハケン切り」「解雇」「業績悪化」「経常利益の悪化」
などとネガティブワードを日本全国津々浦々までお届けくださいました。

そこに怒っています。
事実景気は良くないかもしれない。現在困った人が多いのは規制を緩める際にしかるべきセーフネットを整備しなかった政治の失態だと思う。
が。
報道は小泉政権下で派遣法の規制緩和について、この事態を予測して何か視聴者に危機を訴えたのか。国民の不利益をきちんと調べて疑問提示したのか。
ただ小泉さんの音楽の趣味やら、プライベートやら視聴率になりそうな材料でお茶を濁したんではなかったのか。
だのに。
いざ問題が発生するとそんな自ことは棚上げでその問題から生まれた結果だけを大げさにしつこいくらいに見せて話す。
その報道によって内部留保があるのに雇用の負担を減らそうと画策する便乗リストラ企業が出るかもしれないのに。
不安になった視聴者が必要以上に消費を冷え込ませる行動に出るかもしれないのに。
史上最大の経済危機だと叫ぶ前に、もっと言わねばならないことってあるんじゃないのでしょうか。

政治や経済をお題にするのであれば事後報道のレスポンスも結構ですが、事前の問題定義にも力を入れていただきたいものです!


今年もよろしくお願いしマッチョ
天気が良かった
CRW_0312.jpg


青空と柿の色の対比が綺麗だったので撮影。
ここ二日くらい天気が良いのに、どこにも行けなくてもったいないです。
時を重ねた分だけ遅れてやって来るものは?
先週ほぼ10年ぶりにスノボしてきました。
高校の時は日中+ナイターで一日中気が狂った様に滑ってた記憶がある。
ボードセットを買い揃えるのも気が引けるのでまずはレンタルでと思い、
フルレンタルセットでいざゲレンデへ。
自宅を出たときは全く雪は降っていなかったが、もさもさ雪が降っている辺りはさすが雪山。
恐る恐る一本目を滑ってみると腰が引けて全然滑れない。ふくらはぎがツリそうだ。
誰かが言ってた「自転車の乗り方と一緒で一度覚えた感覚は一生忘れないもんだ」
僕はゴーグル越しの狭い視界の中、必死に雪面を読みながら思った。
「嘘つき。」
オーケー、僕らが生きている世界にはいつだって例外がある。
結局満足行く滑りはできなかったけど、5時間ほど滑ったところで帰宅。
怪我が無くて何より。久しぶりのスノボで疲れたのか泥の様に眠りました。
次の日朝多少のだるさはありつつも普通に生活ができるレベル。
2日後の朝それは突然やってきました。
タイトルのなぞなぞ、答えは筋肉痛です。
ベッドから起き上がれないレベルの筋肉痛&腰痛…。
腰痛に関しては完治までに5日ほどかかる始末。
最近になってやっと身体の調子がよくなって一安心。
皆さんも無理な運動にはくれぐれも気をつけましょうね。
硬雪
小さいころ、硬雪になると田んぼのうえなんかを走っていたのを懐かしく思う今日この頃。
この歳になっても硬雪ならそこらへんに軽く上ってしまいます。
そんな日は大抵空気も清々しくてかなーりいい気分なんですが、まぁ子どもの頃とは違い体重も重くなっているわけで、ぬかってしまうんですよね~

なんだかかなしいなぁ

うちの犬が田んぼでわっふわっふ走っているのを思い出します。(まだ生きてます)
気合い不足!
 実家でのんびりと寝正月を決め込もうとした2009年元旦、今度こそ本格的に風邪をひきました。熱を出して寝ている間に見る夢ほど気持ちが落ち込むものはないってことを、10年ぶりに思い出したイヌハタです。

 仕事の忙しさが佳境のときは、「今は冗談でも病気になんてなってはならない」という強迫観念気合いが風邪を跳ね返すんだと思います。思えば具合が悪くなるのは決まって少々余裕のあるときでした。
 ちょっと気をゆるめると、そのスキをついてカゼ菌が体内に入り込んできます。そして1週間ちかく経ってもいまだに完治せず鼻たれ小僧です。

 そんなんじゃ新しい年を乗り切れないぞ!正月ボケしてないで気合いを入れなおせ!ということで私にカツを入れてくれるアイテムをご紹介します↓

ガンガンいけるぜ!
どう?なんかいけそうな気がするでしょ。

Destiny
雪かきの労苦少なく、穏やかなお正月でしたね。

先日お正月休みで地元に戻ってきた友人とちょっと1杯ひっかけに行きまして
そこで出た悲しいエピソードに目に涙が・・・お腹もよじれたリスザワです。

いつもお出かけの時にはきれいなお姉さん風メイクばっちり、の友人。
実家に戻ってゆっくりしたのかお母さんに買い物を頼まれ、
どうせ誰にも会わないだろうとノーメイクにラフなボトム、ニット帽を被ってスーパーに行ったそうな。
お母さんに頼まれた食材を入れた買い物袋を携え
出口付近で視線を感じてその方向を見ると、そこには結婚前に三角関係にあった元カレが。
元カレのほうは今どきの若者風のいい男オーラ放つスタイリングにサングラスかけたくらいにして
ラフな彼女の姿をガン見していた。
そして後ろからこれまた可愛く若作りしたメイクばっちりの今カノが駆け寄り、
にこやかに「あけましておめでとうございます!」と挨拶されたそうな。
どうでもいい人にも絶対お見せしたくない様相でちょっと心残りのある元カレ&その今カノに遭遇してしまった彼女。手にはおかんに頼まれた買い物の品、チャルメラ2袋。
そそくさとその場を立ち去った彼女の脳裏にはユーミンの「Destiny」が流れたとさ。


「なんで今日に限ってよ~!」と生ビール片手に後悔しきりの友人を尻目に
おなかの底から初笑いいたしました。チャルメラはカウンターだったね。
店内のみなさま、うるさくしてすみません。
悲しいことは笑い飛ばして今年も明るく生きましょう。
どうやら運命の神様はいじわるらしいので、乙女はちょとの買い物を侮るなかれ。

2009年あけましたおめでとうございます!
本年もテイカップともどもテイカップ変集室をどうぞよろしくお願いいたします。
こんにちは、新年早々たぬみのブログです。
20090101.jpg


みなさんは正月をどんな風に過ごしたでしょうか?
私の担当は一応水曜日となっておりますので、2008年12月31日から2009年1月1日のことについて書こうと思います。

今年も友人と一緒に横手の神社に初詣に行ってきました。
毎度の事ながら神社から参拝客がはみ出るほどの長蛇の列。今年はなんだか去年より寒い気がするんですが、11時40分頃に到着したにも関わらず12時30分には全て拝み終わりました。
早いいぃいい!

初詣の楽しみといえば「並んで拝むという達成感」「おみくじ」そして「甘酒」です。
寒いところで飲む少量の一杯の甘酒は格別。普段は飲まないけれど、その時だけは非常に美味しくいただけます(失礼な話だ)

初詣、私はとあることをしでかしてしまいました。
拝むときに鳴らすあのガランガランを私はなんと…

落としてしまったのです!!!

ぎゃーなんたることをぉおぉーーー!!!

落としたガランガランをお姫様抱っこのごとく見事にキャッチしたのはいいのですが、目の前にいた巫女さん(バイト)に助けを求めるようなしぐさをして訴えても、巫女さんは巫女さんで唖然として全くたすけてくれる気配がありません。
隣では友人が大爆笑。私は必死に巫女さんに訴える。後ろは長蛇の列。←焦る!

おかげさまで友人は爆笑したせいで一番大きいところで拝むことを忘れてしまい、私はただ神様にごめんなさいと謝っただけ…

友人「新年の初笑いをありがとう」

そう言っていただけましたトホホ↓↓

皆様はくれぐれもあのガランガランを落とさないようお気をつけくださいませ。

皆様にとって今年が良い年でありますように!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。