個性全開のテイカップスタッフ達が日替わり更新します。更新を忘れた者は編集室全員へラーメンおごりの刑に処す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜紅葉
書くことが無いので、また写真でごまかします。
夜桜ならぬ、夜紅葉です。
風に揺れた先っぽが線香花火みたいで綺麗でした。
もみじ


スポンサーサイト
I want to play soccer
やりたいんです。フットサルが。DSCN0619.jpgでもやれる場所が無いんです…。
フットサルチーム発足3週間にして解散の危機に直面しております。
そんなやりたいことがやれないフラストレーションを自宅の壁にぶつけてみました。
どなたかフットサルができる体育館をご存知の方はカズロウまでお知らせください。
抽選で3名様に雪崩式フランケンシュタイナーをプレゼント!

翼の折れたエンジェ~ル♪
 どうも。先週ブログを書き忘れたため、この物価高騰の折に皆にカップラーメン買ってこないといけなくなったイヌハタです。「ブログを毎日交代制で書こう!」って自分で言い出したくせに、その約束を自分で破ることになるとは・・・

 家政婦は見た!
 ↑ブログを書き忘れる奴がいないか遠巻きに見張ってたエンジェル・イヌハタの図。

 先週分も21日付でアップしてますのでよろしければどうぞ・・・。
ロンドンの入り口?
年中鼻声で、風邪なのかアレルギーなのか、はたまた地声なのか、もうわからないリスザワです。
先日仕事で角館に行ってまいりました。桜のシーズンでなくとも大入りの観光客の皆様がゾロゾロ。どうせメイドイン秋田なら角館とか男鹿とか「ザ・秋田」みたいなとこがに生まれたかったな~。
十文字への愛は健在ながら、青々と見える他人の芝生です。うーーん。うらまやしい。

同じくメイドイン十文字にしてしまった娘とともに角館からの帰り道のこと。
「ママ!見て!あそこの空、ロンドンみたいじゃない?」
あまりに突拍子のない発言に、突っ込みも忘れて指差す方を見ると空は写真のようなあんばい。
ロンドン・・・行ったことありましたっけ???
聞くと彼女なりのロンドンのイメージがまさしくこんな空だったそうなので。
「あそこからロンドンに行けるよ。きっと。つながってるから同じなんだよ。」
と半分正解、半分残念な解説に耳を傾けながら、またまた青く見える隣の芝生。
子供のやわらかい発想っていいな~。

ロンドンの入り口
たい焼き
ごちそうさまでした!
 クリームたい焼きとあんこのたい焼きたべました、たぬみです。

食欲の秋ということで、なにやらどんどん太りそうな予感…
寒がり…というわけではないのですが、季節の変わり目は体が付いていかずにすごく厚着になってしまいます。今日も4枚着てます。実はジーンズの下にも一枚穿いていたり(苦笑)

本格的な冬がきたら私は一体どうなるのか…

実は案外本格的な冬は薄着だったりするんですけどねー
3709.jpg

久しぶりの休みで紅葉を見に行ってきました。
最初は田沢湖の方、次の日は秋ノ宮に行ったのですが、秋ノ宮は上の方は散り気味ですね・・・

Good Luck
 別にお別れの挨拶ではなくて、先日読んだ本のタイトルです。
ちょっと前に流行った本のようですが、
一言で言うと哲学ファンタジー自己啓発書(一言で言えてない?)。
どこか宗教的で牧歌的なテイストは、パウロ コエーリョのアルケミストに近いものが…。
お話は54年ぶりに公園で偶然再会した親友、ジムとマックス。という運命的な再会から始まり、
極貧から出発し成功を収めたマックスが、親から受け継いだ財産がありながら転落してしまったジムに、おじいさんから聴かされた『魅惑の森』のおとぎ話を聞かせるという内容。
そのおとぎ話の中に幸運と運の違いを説明していくのですが、「明日できることは今日やらない。」という場当たり的なノリで今まで生きてきたカズロウにとっては、とても耳が痛い内容のお話でした。w
めちゃめちゃ読みやすい文章なので子供さんと一緒に読んだりするといいのかもしれませんね。
一時間ちょっとあれば全部読めますし。

 写真は久しぶりにお風呂に入って白い輝きを取り戻したラブリーサクラです。

 DSCN0611.jpg

ホタテ~♪
お休み中、わたくしたぬ美は青森までホタテを食べに行ってまいりました。
ホタテ大好きなんですはい。

ホタテの貝焼きが1つ100円。
ホタテ1kgが450円。
ホタテソフトが200円。

とまぁこんな具合です。
ホタテ好きな私としてはうはうはだったわけですが、一つ心残りなのが、帆立丼を頼んでしまった事です。
帆立丼を私はいくら丼みたな生の状態を想像していたのですが、なにやら親子丼の帆立バージョンだったらしく、火がとおっていました。1000円の帆立定食にすればよかったと思っています。
そうすれば大好きな帆立の刺身が食べられたのに…(泣)
次に必ず帆立定食を食べることを心に誓いましたとさ。

おしまい。
秋だね・・・。
 どうも。私どもが制作に携わっている住まいの情報誌「住まいnet秋田」とテイカップのダブルヘッダーがひと段落し、気が抜けて下の写真のようになってるイヌハタです。あ、犬じゃなくてカピバラになってる。

日なたがありがたい季節だすな・・・。

 日なたぼっこが気持ちいい季節ですね・・・。
 カピバラも思わず口もとがゆるみます。「こご、あったげくていっすな~」
茶柱立ちました!
P1000725.jpg
めずらしく、普段使わない昔の急須でお茶を入れた休日の朝。久しぶりに立ったんです!茶柱が。
ネタだ~とカメラを取り出して撮ったときには茶碗の底に沈んでしまいましたが・・・
茶柱なんて何年ぶりかと思ったら、急須のおかげだったのです。
網の茶漉しでは茶柱というところの茎が通れませんからね。昔ながらのおおらかにあいた陶器の穴から、今朝の幸運がやってきたのです。
朝からほのぼのした幸せな気分のリスザワでした。

最近は全くネタがないので、過去に撮った写真でも載せます。
カメラを買ったのが今年の春前だったので、最初に試し撮りした十文字の白鳥でも。

01 白鳥飛翔

また憂鬱な冬が近くなってきました…

2度することは3度する
今週も行ってきました。東成瀬の山。笑
いっそのこと東成瀬に別荘を建ててしまおうかと考えているカズロウです。
今回は納豆汁やいものこ汁でおなじみのキノコ「サワモタシ」ハンティングです。
某板金屋さんのおじ様に連れられ東成瀬の奥地へ。
車を停めてからヤブをかき分け道なき道を進む。進む。
サワモタシは朽木に生えているので朽木を見つけては探す行為を繰り返す。
DSCN0578a.jpg「カズ、このキノコうまそうに見えるだろ?」
とおじ様。
「おー、肉厚で旨そうだね、これがあれかい、サワモタシってやつ?」
とカズロウ。
「これツキヨダケっていってな、猛毒のキノコだ。食ったら死ぬぞ。」
が、がびーん…。毎年ツキヨダケで相当の人が亡くなっているらしいです。
キノコハンティングは必ずキノコを知っている人と行きましょう。DSCN0581a.jpg

途中の沢では巨大に成長したナメコの群生に遭遇しながら、なんとかお目当てのサワモタシやブナカノカなどをゲット!
某公園で開かれたいものこ汁パーティーにも無事に間に合い、取れたてのキノコをみんなでワイワイ頂きました。
サッカーしたり公園の池で釣りをしたりと、忙しかったけど最高に楽しい一日でした。DSCN0588a.jpg
今度の日曜は待ちに待った登山の予定です。
栗駒山が最有力候補ですが果たしてどうなることやら。





自分としては嬉しいはずなのに
秋だというのに奴らをあまり目にしておりません。
そう、あねっこ虫ことカメムシさんたちです。

この季節になると彼らは決まって網戸にぱらぱらとくっついているのですが、私はいまだに一匹だけが孤独に網戸にくっついているのを見ただけ…
私としては嬉しいのですが、世界規模で見たらもしかしたら大変なことなのかもしれませんね。

そういえばあねっこ虫が多い年は雪が多いとか少ないとかきいたことがあるのですが、一体どっちだったか忘れました。
わかる人がいたら是非教えて下さい。

たぬみでした。
棚上げして物申す!
 どうも。最近、記事の文章を真剣に考えようと目を閉じると、3秒後にはあやうく夢の世界へ行ってみちゃいそうになってるイヌハタです。

ゆっぷる道路の短いトンネル 個人的に、他人の言葉や行動について心にひっかかってることって色々あります。
 たとえばうちの社内で言うなら、ラッコ山さんが、誰かに話しかけるときいつも最初に「あっ、」って言うこととか。(「あっ、○○さんの原稿制作終わりました」「あっ、お先に失礼しま~す」とかね・・・)
 そういう中でひとつ、「ひっかかってる」というよりどうしても「許せない」ことがあります。それは、「トンネルではライトをつけろ」ってことです。運転してるときの話です。

 自分の運転が模範的とは言いがたいのですが、それでも、どうしても、トンネル中でライトを点けない車が許せません。何故点けないのか。めんどくさいからか。ライトが消耗するからか。ライトを点けるほど暗くないからか。一体何のためにライトを点けると思っているのでしょうか!?
 ライトは「自分の存在を周囲に知らせるため」に点けているのですよ。もちろん暗いところを照らすためもありますが、危険回避のための点灯ですよ。それは薄暮時でもそうですよ。ライトを点けるほどまだ見えなく(暗く)なってない、じゃなくて、薄暗くなると視認性が悪くなるから、「自分の車の存在をアピールするためにライトを点ける」んですよ。ライトを点けなかったために発見が遅れて事故に遭ってもいいんでしょうか!?まったくもう!(一体誰にアツくなっているのか・・・)

 事務所から横手市内に向かう道(通称ゆっぷる道路)は、短いトンネルがふたつあります。そこでライトを点けない対向車を見ると毎回毎回ひとりでぷんぷんしています。あ~、損な性格。

くつろぎtime
P1000695.jpg久々に一人の夜、
ブログを書きながら日本酒をちびり。
当社では住まいnet秋田という住宅の雑誌をテイカップと平行して秋と春に発行しています。このおかげでここ2ヶ月ばかし、ゆっくりと家でくつろぐ余裕がありませんでした。

私は昔から住むところにはこだわりがあり、自分流にカスタマイズして暮らしてきました。
住空間はそこに暮らす人に大きな影響力を持っていると考えています。
長く住宅ローンを払ってゆくのですから、高価な材料じゃなくても、自分をゆるりとさせ、心地よさを感じる、そんな住まいを手に入れてほしい。そんな想いで作っている本です。
日本人もそろそろ住環境にワガママになってもいいのでは・・・と切に思うリスザワです。

毎日暮らす家が心地良いって本当に贅沢なことですからね。







12 京都町屋

お茶が美味しい季節です。

世界的金融不安に一言
「ガンガン行こうぜ!」

ドラクエ3のキャッチコピーが
「触れたら最後、日本全土がハルマゲドン」
だったということを最近知り大笑いしてしまったカズロウです。
DSCN0570a.jpg
 えーっ、先週2度目のキノコ狩りツアーを予定中とお伝えしたばかりですが、また今週も行ってきました。笑
今回はかなり大量に採取できたので、取れたてキノコで鍋パーティーしました。
秋の味覚さまさまですねー。次回は松茸をゲットしたいとひそかに思ってます。

★今週の面白ジョーク

離れて暮らしている母親に、3人の息子がそれぞれ誕生日の贈り物をした。
一郎:「僕は豪邸をプレゼントしたんだ。12LDKだぞ!」
二郎:「僕はベンツをプレゼントしたんだ。運転手付きだぞ!」
三郎:「僕は話すオウムをプレゼントしたんだ。聖書から六法全書まで暗記しているし、歌も歌えるし話し相手にもなる。豪邸とベンツを合わせてもまだ足りないほど高かったんだぞ!」
しばらくして、母親からみんなに手紙がきた。

『一郎、豪邸をありがとう。でも母さんは、1人であんな大きな家には住めません。掃除が大変です』
『二郎、ベンツをありがとう。でも母さんは、健康のためいつも歩くようにしています。あの運転手とは合わないし』
『三郎。母さん、三郎のプレゼントが一番うれしかったです。母さんのこと、本当によくわかってくれていますね。とても美味しい鳥でした』
パンがいっぱい
取材から帰ってきたら、私の机の上に山のような量のパンがおいてありました。

うわーいっぱいあるー

びっくりして思わず写メりました。
パシャッ☆
食欲の秋、ヒモジイたぬみ天はパンをお与えになったようで…(エサを与えないで下さい)

急遽書いているので何書いてるかさっぱりですが、今久々に鼻血が出ています。
そんな夜長でした。おわり。

チン♪チン♪ポテトマイクロマジック~♪
 どうも。ついにタウリン3000mgのお世話になってしまったイヌハタです。体力がもたないなら気合で乗り切ります。

 ふだん、菓子パンとか惣菜パンってそんなに食べないのですが、食べるときは絶対に電子レンジ+オーブントースターが必要だと思ってます。
 幼少期、私には、パンをあっためて食べるって概念がありませんでした。友達が、メロンパンか何かを買ってきてわざわざレンジだかトースターだかに入れているのを見て、「何故わざわざ温める必要があるのか」と軽蔑せんばかりの気持ちで見ていたのを今でも覚えています。
 大学に入った頃、お金もなく、お昼は毎日のように100円の菓子パンを食べていて「せめてこれをどうにか美味しく食べられないものか」と試しに100円パンをオーブントースターに入れた日から、私の菓子パン人生が変わりました。何をわかりきったことを、と思われるかもしれませんが、私にとっては世紀の大発見だったんです。
 「パンってあっためるとうまい!」 イッツァミラクル&マジック!

 電子レンジで20秒+オーブントースターで3分が菓子パンを最高に美味しく食すための黄金比。中はしっとりふんわり、外側がカリっと、100円とは思えぬ焼きたてパンのできあがりです。

いとしのクインブレッド

 ちなみに↑写真は、幼少期から私の大好きなクインブレッドです。私の地元のパンやさんに売ってます。そのへんの菓子パンと一緒にしてはいけません、ちょっと贅沢していいときしか食べられない160円なり。
霧の・・・
霧朝、窓の外が真っ白でした。ひどい霧だ・・・数秒後にはネタだ!とデジカメを取り出しで構えるともう晴れている、あれれ??
そう。忘れてましたがうちの近所には朝のゴミ燃やしを日課にしているおばあさんがいたのです。風向きが本日は当家の一番大きな窓方向にロックオン。それにより霧の借景がつくられていました。
ゴミを家庭で焼却するのは違法。でもこのおばあさんは車も乗っていないし、昔の知恵がいっぱい詰まった生活を送っていて、きっと私の存在より環境への負荷が軽いに違いない。のでこの○年間言えない「燃やさないでください」の一言。
エセ霧がなかなかいい雰囲気をかもし出している窓の外、心境は日々複雑なリスザワです。



24 若王子の猫

動物の写真を取るのは大変です…とにかく動くから。

ウチの犬の写真を撮ろうとしても、カメラを向けると寄ってくるので変などあっぷしか撮れません…
その点、ひとんちの動物は警戒して一瞬止まるので、少しは撮りやすいかも。

女心と秋の空
DSCN0552.jpg 先日会社の窓から外を何気なく見たらあらビックリ。
「に、虹が出とるがな!しかも2重になっちょーば!」
ということでテイカップ編集部にて虹の撮影会が開催されまして、
最優秀助演男優賞を受賞したのが右の写真になります。
撮影者は「創作とは破壊なのだよ」の名言でお馴染みの、
十文字のアラーキーことカズロウで御座います。


DSCN0561のコピー 先週の日曜は友人らと三人で焼石岳へ登頂予定だったのですが、あいにくの天候のため急遽東成瀬の山奥へキノコ狩りに行ってまいりました。
途中地震の影響で道路が閉鎖されており、車を置いて山道を登ったりでちょこっとハードでしたが、キノコを見つけたときって思った以上にバッコーンと来るものがあります。
量産型ツキノワグマの襲来に怯えつつ、小一時間ほどでみんな合わせてコンビニのビニール袋2つ分くらい取りまして、
知り合いのお店に持って行き調理してもらい、美味しく頂きました。
無事キノコ狩りデビューを果たした私は、現在2度目のキノコ狩りツアーを計画中です。

★最近見つけたお気に入りのジョーク★

世界的に有名なサッカー選手のベッカムが銀行に来た。
「すいません。預金を少し下ろしたいんですが」
「はい。ところで、業務規定でございますので身分証を拝見させていただきます」
ベッカムは証明書の類を持ってきていなかったので、はたと困った。
「さようですか、ではベッカム様、これぞベッカム様と思わせるようなことをひとつ私の目の前でやって頂けないでしょうか?」
それはお安いご用と、ベッカムはサッカーボールを借りて見事な足技を披露した。
「失礼致しました。まさしくあなたはベッカム様です。さあ、どうぞ」
ベッカムと入れ違いに、ブッシュ大統領がやってきた。預金を下ろしたいがやはり証明証を持っていないという。係員はベッカムの時と同様、代りに何かできないかと頼んだ。
「それが、私は何もできないんだ」
「何もお出来にならないのですか?」
「恥ずかしいが、本当に何も」
「本当でございますか?」
「本当なんだ、まったくの能なしなんだ」
係員は突如立ちあがると言った。

「失礼致しました。まさしくあなたはブッシュ大統領です。さ、おいくらご入用で?」

北海道
日中と夜の気温差が激しくなって、体調を崩した方は挙手して下さい。
ちなみに私は元気満点です。

先月の27~29日まで北海道旅行に行ってきました。

あちらではあまり雨も降られず観光することができました^^
新千歳空港から札幌へ向かい、ホテルにチェックイン。
それからはまぁ小樽に行ったり旭川に行ったり色々です。
ホタテが大好きな私は、いくらうに丼よりもいくらホタテ丼を選びます。
むしろイクラホタテうに丼があれば一番よかったんですが、そんな都合のいいメニューはありませんでした。残念。

小樽の水槽の中、ぎゅうぎゅうに詰められた帆立貝たちを遠目に、
ホタテお腹一杯食べたいなぁ~と思ったたぬみでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。