個性全開のテイカップスタッフ達が日替わり更新します。更新を忘れた者は編集室全員へラーメンおごりの刑に処す。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りんご畑の中心で「I」を思う。
IMG_0142.jpg どうも。最近行く先々で4コマの編集長像と実物が「似てる!」と言われ、ちょっと冷静に考えると若干フクザツな気持ちになるイヌハタです。

 事務所のある十文字町から横手市内へ向かう道々、りんご畑が果てしなく続くエリアで、枝が折れるくらいに鈴生りのりんごをぱちり。天気の良い日は、空色と緑色とりんご色のコントラストが本当に美しいです。

 真夜中の満点の星や、こないだ偶然見た二重にかかった大きな虹、車の窓を開けると香ってくる稲刈りのあとの草のにおい。毎日毎日デスクにはりついて不健康な生活をしていると、そういう季節の移り変わりや自然の美しさが突然に意識の中に入ってきて、はっとさせられます。

 「こんな生き方でいいんだろうか?」
 折に触れ、そう思います。季節の変わったことにも気づけない自分でいいんだろうかと。しかしそれほど何かに熱中する生き方もまた、(今の世なら尚更)したくてもできない人も多く、どれほど幸せなことかとも思います。
 どっちがいいかは今のところわかりません。当分は、自問自答の日々。
 ただ、「今しか出来ないことって何なのか」、その見極めだけは、ちゃんとやろうと思います。

 こないだ田植えしたばっかりだと思ってたのに気づいたら稲刈りが始まってて(←ほんとに気づかなくてびっくりした)、農家の娘失格!という自責の念がこんな思考まで発展してしまった1日でした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。